2017/05/25

もう一度見たい!関口メンディー出演「洋服の青山」のCM(2014年)を再チェック!

img_gene15

出典:https://www.facebook.com/GENERATIONS.official/

2014年にGENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー・関口メンディーが出演した「洋服の青山」のTVコマーシャルを再チェックしてみましょう!

↓そのコマーシャル動画がこちら!↓


こちらはメイキング動画にもなっています。

コマーシャルには関口メンディーのほか、EXILEのメンバーであるSHOKICHIも出演しています。黒と白だけの色が映る演出の中、黒いハットをかぶったSHOKICHIと金髪の関口メンディーが並んでダンスを披露しています。まるでコントラストのようにも見え、二人を照らすライトがコマーシャルのクールさを表現しています。
二人ともスーツを着こなしつつのびのびと踊っていますが、これは洋服の青山のメイン商品であるスーツが「ストレッチ性能」を売りにしているため、それをアピールするようこうしたコマーシャルとなったようです。

クールなダンスを披露する二人!

披露されているダンスはパーカッションが目立つシンプルな音楽に乗せた、セクシーかつクールなものとなっています。表情はあまり変えずに、あくまでスーツに注目してほしいという二人の思いも感じ取れるようでした。
メインのステージの後ろはミラーになっているようで、様々な角度から二人のダンスを楽しむことができます。
最後に入る関口メンディーの大きなジャンプは圧巻です。着ているスーツが本当にストレッチ性能に長けていて、動きやすいのだということがわかります。
時折入るカットは一瞬ながら、背景がワインレッドとなっていて人物の影が浮き彫りになり印象に残ります。どこかミステリアスな雰囲気を感じさせ、身長の高い二人によるダンスで迫力も感じられるという様々な要素の詰まったコマーシャルです。

SHOKICHIは細かい動き一つ一つへのこだわりが見られ、メイキングではハットのつばを指でなぞるシーンや、肩をさっと手で払うシーン、ジャケットを両手でクイっと上に上げるシーンなども収録されています。どの動きも小さいながらそれぞれ存在感が強く、どのような動きをすれば「魅せる」ことができるかというのを深く理解していることが感じ取れます。
関口メンディーは大きな体としなやかなバネを活かしたダイナミックなダンスが魅力的です。しかし洋服の青山のコマーシャルなので「紳士」の部分を忘れてはいません。モニターでしっかりチェックしながら仕上がりを確認する姿は真剣そのもの。先輩との共演で多少緊張しているのもあるかもしれませんが、その緊張感あふれる表情がかえって青山のスーツの魅力を引き出しているように感じました。

コマーシャルは二人で踊るシーンと一人ずつ踊るシーンがあります。それぞれのダンスに焦点を当てるため二種類のタイプに分かれているようです。コマーシャルのため短い時間ではありますが、二人のセクシーかつクールでのびのびとしたダンスを堪能することができます。
メイキング動画の最後は仲良くハイタッチで締めくくられていました。

洋服の青山での起用秘話

洋服の青山は2014年5月に創業50周年を迎えました。
「スーツに進化を。」というスローガンを掲げ、様々な50周年プロジェクトに取り掛かっている中で、モノづくりの良さと技術の進歩を正しく消費者に伝えたいと思い、このコマーシャルの作成に着手したそうです。
ストレッチ性のあるスーツもその「技術の進歩」の一つで、こうした高機能商品をわかりやすく伝えるため、『EXILE TRIBE』を新たなコマーシャルのパートナーとすることを決定しました。
『EXILE TRIBE』は若い世代に注目されている上、メッセージ性も非常に強いです。ダンスという媒体は視覚から楽しむことができる、そしてメッセージを受け取ることができるものなので、若者はもちろん多くの人に見てもらうことで青山の伝えたかったメッセージを発信することができたと思います。

洋服の青山の機能性商品『AOYAMA PRESTIGE TECHNOLOGY』は現在も展開しています。

 

GENERATIONS人気記事ランキング