2017/05/25

【HiGH&LOW g-sword】コラボ漫画担当のCLAMPって?代表作など詳しく紹介!

c8nwxn-umaa_4so

出典:https://twitter.com/high_low_pr

すでにご存知の「HiGH&LOW」ファンも方もいらっしゃると思いますが、3月22日発売の週刊少年マガジンから、CLAMPによる「HiGH&LOW g-sword」の連載がスタートしています。

三等身にかわいくデフォルメされた、「HiGH&LOW」のキャラクターたちのゆるくてほんわかした日常を描くコラボ漫画。

すでに読んだ「HiGH&LOW」ファンからは、「コブラがかわいすぎる!」「癒された!」「ゆるさが癖になる」といった絶賛の声が寄せられています。

今回の記事では、そのコラボ漫画を担当したCLAMPについて、詳しい経歴や代表作などを紹介していきます。

 

「HiGH&LOW g-sword」を描いているCLAMPって?

about_top

出典:https://clamp-net.com/

「コラボ漫画を担当したCLAMP、名前は聞いたことあるけど?」

そんな人のために、意外と知られていないCLAMPの秘密に迫ります。

CLAMPは、いがらし寒月、大川七瀬、猫井椿、もこなの女性作家4名からなる創作グループです。

1989年のデビューから、少女誌、少年誌にとどまらない幅広い分野でトップをひた走り、これまでに数多くのヒット作品を生み出しました。

2017年現在、国内のコミックス総売上数が、なんと1億部を突破。日本だけでなく海外での人気も非常に高く、CLAMP作品は世界20ヶ国以上で翻訳され、出版されています。

さらに、発表作品の多くが、アニメ、OVA、劇場アニメ、実写ドラマとしてメディアミックスされており、関連グッズも多数リリースされています。

CLAMPはもともと「HiGH&LOW」の大ファンで、Twitter上で「HiGH&LOW」シリーズのイラストを公開していたりもします。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

 

CLAMPの代表作品3選

slide1

出典:https://clamp-net.com/

ここからは、CLAMPの代表作の中でも特に有名な作品3つをご紹介します。きっと、漫画で読んだりアニメで観たりした作品があると思いますよ。

 

『魔法騎士レイアース』

1993年~1996年まで少女誌『なかよし』で連載されたファンタジー作品です。1994年にはアニメ化もされており、放送時間が月曜日の19時30分から20時00というゴールデンタイムだったので、30代前後の方は覚えていらっしゃるかと思います。

 

『カードキャプターさくら』

1996年~2000年まで『なかよし』で連載されました。1999年からは地上波放送のNHK教育テレビでアニメ版が放送されていたので、当時夢中になって観ていたという人も多いのではないでしょうか。最近では劇場版がリバイバル上映されるなど、未だに根強いファンが多い作品です。

 

『xxxHOLiC』

『週刊ヤングマガジン』で2003年~2010年まで、後に『別冊少年マガジン』に移籍し、2011年まで連載されたオカルトファンタジー作品です。2012年には杏、染谷将太、東出昌大主演でドラマ化もされています。

 

まとめ

「HiGH&LOW g-sword」を担当するCLAMPと、その代表作を紹介してきました。

「HiGH&LOW」ファンの中には、CLAMPの作品を読んでいたという人も多いかと思います。彼女たちが漫画版を担当するということで、連載前からかなり期待値が上がっていたのではないでしょうか。

実際に、週刊少年マガジンで連載が始まってからは、「HiGH&LOW」ファンのみならず、CLAMPファンからも注目される作品となっています。

CLAMPの漫画版によって「HiGH&LOW」の世界がどのように描かれていくのか、また、新しいメディアミックスが展開されていくのか、今後も非常に楽しみですね。

 

GENERATIONS人気記事ランキング